MEDIA

MEDIAメディア情報

2015.08.06
media
【日本のCTO】Repro株式会社 三木明さんの取材記事(前編)を掲載しました

連載:日本のCTO】成長中の企業でCTOを務めるエンジニアたちは、どのような道のりを経てそこへたどり着き、現在は何を思考し、努力を続けているのか? この連載では活躍する日本のCTOを訪ね、キャリアの背景にあるストーリーから、CTOとしての知られざる思考やエピソードなどを伺っていきたい。
自らを“ジョブホッパー”と呼ぶ三木明氏の経歴は事実、目まぐるしいという言葉がぴったりかもしれない。大手SIerのサラリーマンを経て、20代半ばで初のCTOに就任。そこから、さまざまな事業に携わってきた三木氏のユニークかつ、チャレンジ精神旺盛なジョブチェンジは聞いていてワクワクするほどだ。現在は、ユーザー行動解析サービスを提供するRepro株式会社のCTOとして活躍している彼に、これまでのストーリー、そしてこれから向かう先を聞いた。


※記事は前編、後編に分けて掲載します。本記事は<前編>です。



■「モテたい」一心で受けた企業に全滅。唯一受かったSIer会社に入社
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
Q.高専を卒業されていますが、学生時代から技術者を目指していたのですか?


特に目指していたわけではないですが、自分の学習能力に一番フィットしたのが高専だったんですよね。技術というかプログラムは幼い頃から身近で、父親がBASICとかでプログラムを書いているような人だったので、その影響はあると思います。


自分で初めてプログラミングをしたのは15歳のとき…

cto_repro
Archive