MEDIA

MEDIAメディア情報

2015.09.11
media
【ITプロインタビュー】田野誠さんの取材記事を掲載しました

9年勤めたコンサルティング会社で、突然のリストラ。「31歳にして野に放たれ、拾っていただいた会社で必要に迫られて、初めてプログラミングを勉強した」という田野誠氏。その後プログラマーとして急速に経験を積み、フリーランスとして独立。コンサルとエンジニア、双方の視点を活かしてスタートアップ3社の支援を担うように。昨年末からはITプロとして1年以上働いていたエウレカに“社員”として参画を決意。その背景とは―?
■会社を解雇され、31歳で初めてプログラミングに触れる
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
Q.エンジニアとしてのキャリアをスタートした背景は?


2001年に大学を卒業し、9年ほどは大手のコンサルティング会社に勤めていたんです。クライアントと要件を決め、プロジェクトメンバーにお願いするという日々でした。10年目のある日、会社で人員整理があって…クビになったんですね。そこで31歳にして、野に放たれまして(笑)。


すぐ就職できるだろうと思っていたら、意外と甘くなかった。結局、1年近く就職活動しました。最後は…

tano
Archive