BLOG

BLOGメンバーブログ

2016.09.11
ITプロパートナーズ CEOブログ
理想とする組織風土を作っていきたい

私が会社を立ち上げてから、中々改善されずに悩んでいたことがあります。それは「メンバーの頑張りの基準が高まっていかないこと」と「組織の一体感が強くないこと」の2点です。会社設立当初のブログにも以下のようにその時の思いを記載しています。

★ベンチャーの企業文化
http://itpropartners.jp/blog/ceo-blog/193

==抜粋==
みんなそれなりに頑張っているのは理解しているし、誰も手を抜いている訳ではない。でも個人的には良くも悪くもすごく普通な印象。出来ることを、出来る範囲でやっていて、各自が自分の限界に挑戦し、チャレンジしている感じはしないし、メンバーが切磋琢磨し高い目標を目指すことで出てくる「会社の勢い」や、「一体感」も感じることは出来ていない。

私としては、こんな普通の、ありきたりな会社を創りたくて独立した訳ではなく、この何も無い創業期にジョインしてくれているメンバーも、もっと高い目標や、なりたい姿をイメージして集まってくれているはず。
==

上記の原因はすべて自分にあると思い、それから社内向けの発信を多くし、地道に継続してきました。

・まわりの成長ベンチャーのエースは死ぬほど働いていること
・自分の頑張りの基準を高めていかないと、いつまでも上にいけないこと
・仕事の範囲を決めつけないこと。近くにやらなきゃいけないことは転がっていて、それをどこまで拾っていけるかが成長を左右すること。そしてそういう環境があることだけがベンチャー企業で働くメリットだということ
・100%の達成を常に続けるには、150%の達成を目指して日々仕事をしないとダメなこと
・土曜日、日曜日は次の週やるべきことを整理できる絶好のチャンス
・皆が必死で頑張って、やっと勝てるチームになる。そして勝てるチームになってはじめて、一体感が出てくる。勝てないチームに「勢い」や「一体感」なんてない


上記のような内容を、スラックで全体向けに発信することもあれば、日報の返答で伝えることもあったり、期待しているメンバーには個別に週末を使って定期的に伝えることを続けてきました。

先月末で会社は1年と半年。やっと理想とする組織風土に少しづつ近づいてきている気がします。

特に最近入ってきた若手社員達の頑張りが、組織風土に大きく影響を与えています。成長意欲が高く、毎日文字通り「必死に」仕事をしています。彼らの頑張りが、徐々に中堅のメンバーにも刺激を与え、好循環を生んでいると思っています。

これからも理想とする組織風土を作る為に、継続して発信を続けていきたいと思います。


Archive
2017.08.04
ITプロパートナーズ メンバーブログ
2017.06.29
ITプロパートナーズ メンバーブログ
2017.06.22
ITプロパートナーズ メンバーブログ
2017.06.21
ITプロパートナーズ CEOブログ
2017.06.16
ITプロパートナーズ メンバーブログ
2017.06.08
ITプロパートナーズ メンバーブログ
2017.06.06
ITプロパートナーズ メンバーブログ
メンバーブログ|「週2回」からプログラミング、デザイン、ディレクションなどのお仕事を紹介しています。
CEOブログ|「週2回」からプログラミング、デザイン、ディレクションなどのお仕事を紹介しています。
ITプロパートナーズ|株式会社ITプロパートナーズ|「週2回」からプログラミング、デザイン、ディレクションなどのお仕事を紹介しています。