CEO BLOG

BLOGCEOブログ

2015.06.05
ITプロパートナーズ CEOブログ
期待を超え続けること
前回のブログ「ベンチャーの企業文化」をきっかけに社内が少しずつ変わってきているのを感じている。

メンバー一人一人とのコミュニケーションを増やしたこともあり、ちょっとずつ作りたいチーム像を皆が共有出来始めている気がしている。


そんな中で積極的に発言をしてくれるメンバーも増えてきた。本当に嬉しい限り。


チームとして各メンバーそれぞれのフェーズで望むべき役割がある。当然担ってもらいたい役割(期待)を超えてくる人がチーム内での信頼を獲得していく。そして信頼を継続して獲得することで、チャンスも多く回ってくる。


★営業系の話で言えば


マネージャーラインの役割を担っている人には、チーム全体を活性化させ、仕組化させ、チームとして成果を上げていくことが求められる。常に全体最適を考え、チームの課題を見つけて、数多くあるやるべきことの中から、今やるべきことにフォーカスし、そこにチームを導いていく。


ミドルクラスのメンバーであれば、成果を上げることは当然として、それ以外の役割を期待している。マネージャーラインの役割にどこまで近づけるか?どこまで視点を上げて仕事ができるか?ここが出来るかどうかがチームでの信頼を獲得する為には重要。


これからメンバーとして独り立ちしようというフェーズでは、やはりまずは成果を出すことが必要。ただ結果はこれからのメンバーでも、取り組み次第でチームに勢いをもたらすことができる。

少しでも自分が気がついた問題点を改善していったり、このフェーズではテレアポなどの泥臭い仕事も多いだろうから、積極的にその部分の役割を担っていき、テレアポの部分では重要な戦力となっていくなど。



大事なことはそれぞれに期待されていることを常に超えていくこと。


マネージャーラインやミドルクラスのメンバーが、自分の数字を普通に達成し続けているだけではやはり物足りない。数字で見せるなら圧倒的な成果を出すとか、視点を上げて全体の成果をあげることにコミットしていきたい所。


これは職種が変わっても同じで、例えばシステム系の責任者が言われたことだけを期日どおりに仕上げてもこれは期待を超えてはいないだろう。膨大なタスクの中から今何をすれば一番会社としてバリューがあるのか自分で判断し、積極的に社内に提案をすること。


自社サービスの改善であれば、企画段階から積極的に関わり、一番成果がでると思われる施策を考えた上で、メンバーを巻き込んで実現していくこと。このくらいは期待されているはず。



自分が目指すビジネスマンになるために、期待を超えていこう!

Archive
2017.08.04
ITプロパートナーズ メンバーブログ
2017.06.29
ITプロパートナーズ メンバーブログ
2017.06.22
ITプロパートナーズ メンバーブログ
2017.06.21
ITプロパートナーズ CEOブログ
2017.06.16
ITプロパートナーズ メンバーブログ
2017.06.08
ITプロパートナーズ メンバーブログ
2017.06.06
ITプロパートナーズ メンバーブログ
2017.06.06
ITプロパートナーズ メンバーブログ
2017.05.31
ITプロパートナーズ メンバーブログ
メンバーブログ|「週2回」からプログラミング、デザイン、ディレクションなどのお仕事を紹介しています。
CEOブログ|「週2回」からプログラミング、デザイン、ディレクションなどのお仕事を紹介しています。
ITプロパートナーズ|株式会社ITプロパートナーズ|「週2回」からプログラミング、デザイン、ディレクションなどのお仕事を紹介しています。