MEMBER

MEMBERITプロパートナーズのメンバー紹介です。

メンバー|株式会社ITプロパートナーズ|「週2回」からプログラミング、デザイン、ディレクションなどのお仕事を紹介しています。
 新規事業責任者
西本 賢太Kenta Nishimoto
略歴 2010年4月、総合ITベンダーに入社し、エンジニアとして約6年間従事する。東日本大震災を発端とした電力需給状況の変化や電力自由化の開始など、この時期めまぐるしい変化のあった電力・ガス業界のお客様を担当した。その後新規事業の立ち上げに携わりたいというかねてからの想いを実現するべく、16年8月に退社。その後同年10月、株式会社ITプロパートナーズに参画。
入社のきっかけ 前職は大手Sierに在籍していましたが、新規事業の立ち上げに携わりたいという想いを拭いきれず、スタートアップ企業への転職を決意しました。
当時大阪に住んでいたのですが、ベンチャー企業探すなら東京出ないとダメでしょと思い、まず会社辞めて体一つで東京に出てきました。 当時の彼女も関西においてw
一歩踏み出して後戻りできない状況を作り、自分にプレッシャーをかけたかったんです。
新規事業やるのでスタートアップ企業がいいと思ってました。
なので、20名以下且つ創業2年以内という条件に絞って企業を探しました。
ただ、この数十社からさらにどう絞っていいかわかりませんでした。
公開されている情報や転職エージェントさんに紹介してもらった企業情報などを見ていましたが、
名前も聞いたことない企業ばかりだし、公開情報も少ないですし。
最初は流行り物でシェアリングエコノミーに少し興味があって、そういう業界を中心に見ていましたが、話を聞きに行ってもなんかしっくりこない。
ここだという決定打がなかなかない。焦る必要もなかったので、とりあえずいろんな企業を見てみました。
そうすると徐々になんとなく自分の企業選びの軸が明確になってきました。それは人でした。一緒に働く人でした。
なので、うちに入った最終的な判断は、代表含め一緒に働く人がどういう人でどんな想いを持って仕事をしているかです。
私が感じたことはこのようなことでした。
・皆、業界は違えど前職で圧倒的な成果と残している
・皆、理由は違えど根底にやってやろうという強い想いをもっている。
・ワークライフシナジーを大切にしている。
  (仕事に全力を注ぐからこそプライベートが充実する。プライベートが充実しているからこそ仕事に全力投球できる。)
入社前はこんなに明確に言語化できるほど具体的に感じていなかったですが、採用選考にてこれに近いイメージは持てたので入社しました。
正直、当時は人材にそれほど興味があったわけではないですww
もちろん今は、時代・世の中が求めているとても重要な業界であり、とてもやりがいがあると心から感じています。
そして、当初の想い通り、今は新規事業の責任者をしています!
メンバーブログ|「週2回」からプログラミング、デザイン、ディレクションなどのお仕事を紹介しています。
CEOブログ|「週2回」からプログラミング、デザイン、ディレクションなどのお仕事を紹介しています。
ITプロパートナーズ|株式会社ITプロパートナーズ|「週2回」からプログラミング、デザイン、ディレクションなどのお仕事を紹介しています。