RECRUIT

RECRUIT採用情報

おはようございます。山口です。

順番に入社した理由を書いていくことになりましたので書きます。

まずITプロパートナーズを知ったきっかけはWantedlyのスカウトで、
代表の木村からメッセージを頂いたことでした。
転職活動ももう終わり、別の会社から内定をもらっており、
ほぼその会社にいこうとしていたときでした。


退職間近の9月末の日曜日にメッセをもらい、
すぐに会いたいと伝え、その日のうちに面談を設定してもらいました。
木村と面談では色々と話したのですが、
深いところまで掘り下げてくる人だなとそのとき感じたのを覚えています。


さて、肝心のなぜ入社を決めたか、ということですが、
私の転職軸であった「誠実さ」と「事業の展開」がぴたっとハマったところです。
これまでの経験で企業経営には「誠実さ」が非常に重要だと感じていました。
誠実さを欠いた経営では短期的に利益を生むことはあっても、
長期的には利害関係者が離れていき、いずれ崩壊を招く。
木村と話していて、誠実な人だと思ったのに加え、
それが経営に反映されているし、メンバーにも浸透していると感じられました。
また、私は7番目の社員として参画しましたが、
14名とメンバーが増えた今でも誠実な組織というのは維持できています。


また事業の展開に関して、
野球でどんなに距離を飛ばしても方向がだめならファールになるし、
正しい方向であればホームランになるのと同じで、
どんなに良いメンバーが揃っていてがんばっていても、
事業の展開、方向性が間違っていれば企業の大きな成長はない。
打ち出しの角度がしっかりしていれば成長していくと考えていました。
自分は仕事に必死で取り組みたいと思ってるほうなので、
どうせ必死にやるならしっかり成長していく企業がいいのは当然で、
ITプロパートナーズにはその成長性を感じたので決断した形になります。


こちらに転職してから一年半ほどが経過しましたが、
いまのところ決断は間違っていなかったなと思っています。
ちょっと本題とはずれますが上記以外で入社してからいいな、
と思った点をあげていきます。


 ・価値観はこちらのURL(https://itpropartners.jp/value )に載っていますが価値観が合います
・メンバーが負けず嫌いで切磋琢磨している
・フラットな組織で入社歴、年齢関係なく、最適な意見は受け入れられる
・経営陣が個人個人の成長を考えており、それに応えようと個々人ががんばっている
・変わったメンバーが多いが、多様性があり面白い
・飲み会でたまに真面目に事業の議論ができる


ここにあげた点はまだまだ一部ですが私は人生の大事な時間を
費やすに足る良い企業だと思っています。
いろんなひとに興味持ってもらえると嬉しいです。


以上

募集要項
エントリー方法
エントリーフォーム
メンバーブログ|「週2回」からプログラミング、デザイン、ディレクションなどのお仕事を紹介しています。
CEOブログ|「週2回」からプログラミング、デザイン、ディレクションなどのお仕事を紹介しています。